0

建設業の一人親方がするべき4つの手続きとは?

「一人親方」とは、建設業などで働く人で、労働者を一人も雇用せずに自分自身だけで事業を行う事業主のことをいいます。そこで今回は、この「一人親方」が必ずすべき”4つの手続き”を簡単にまとめました。1.確定申告 2.社会保険と共済加入 3.一人親方の労災保険特別加入 4.民間保険の加入 について分かりやすくまとめています。

1

社長や自営業の個人事業主でも労災保険を使える?労災保険特別加入まとめ

社長や個人事業主は労災保険の対象外ですが、正しい手続さえすれば労災保険を適用することができます。中小企業経営者やその家族に労災保険を適用できる「中小事業主の労災保険特別加入制度」の内容は手続方法をわかりやすく解説します。

0

【建設業社長必見】役員も労災保険に加入できる「中小事業主特別加入」

新型コロナウイルス感染症の影響で売上が減少している事業者や資金繰りが困難になっている事業者の方には生命保険会社が行っている「契約者貸付制度」が有効です。ほとんどの生命保険会社は現在、特例措置を行っています。制度の内容をご紹介します。

0

労働保険事務組合:中小事業主や一人親方の労災保険特別加入なら労働保険センターNIPRE大阪へ

労働保険事務組合:中小事業主や建設業の一人親方などの労災保険特別加入は労働保険センターNIPRE大阪が取扱います。大阪における労働保険事務組合として、事業主の労災特別加入制度を取り扱います。

0

安い料金‼︎中小事業主や一人親方の労災保険特別加入はNIPRE大阪へ

今回は当事務所運営の労働保険センターNIPRE大阪が主に取り扱う“事業主の労災特別加入(事業主様の業務災害の安全保障)”についてご説明したいと思います。
いま「労災の特別加入制度」に加入し,労災保険が適用されるようにする事業主が増えています。