0

令和3年(2021年)最低賃金がコロナ禍でも過去最高28円引上げの見通し

令和3年最低賃金

厚生労働相の諮問機関「中央最低賃金審議会」の目安小委員会において7月14日、2021年度の地域別最低賃金の引上げ幅について28円を目安とすることが決定されました。この引き上げ幅は過去最高で、全国平均ベースで現在の902円から930円に引き上げられる見通しとなります。

0

【まだ間に合う】1人親方が絶対するべきインボイス制度対策

令和5年10月より開始されるインボイス制度は、消費税の免税事業者である1人親方に大きな影響を与えることになり、ケースによっては仕事の減少、税負担の増加につながります。ここでは、インボイス制度が1人親方に与える影響と今からでもできる対策についてご紹介します。

2

令和3年 キャリアアップ助成金「正社員化コース」が要件緩和で受給しやすくなります

令和2年になっても、やはり最も受給しやすい「キャリアアップ助成金:正社員化コース」。最大で1年度1事業所あたり20人まで!年間総額1,440万円受給が可能です。キャリアアップ助成金の「正社員化コース」はとても使いやすくかつ金額の大きな助成金です!

0

令和3年キャリアアップ助成金が賃金3%以上に要件緩和!ただし賞与は対象外

キャリアアップ助成金正社員化コース

令和3年 キャリアアップ助成金「正社員化コース」の改正が行われました。主な改正点は①転換前と転換後6か月の賃金比較について従来の5%以上から3%以上に引き下げられました。しかし一方でこの賃金の中には「賞与」は含まれないことになりました。年間最大20人までの申請は変更ありません。したがって最大1,440万受給可能です。あらためてこの助成金の改正ポイントを確認してください。

0

【起業・創業を税理士×社労士の安心サポート!!】ダブルライセンスだからできるフルサポート

何を始めるにしても初期設定は重要です。起業・会社設立を行う場合も同様に初期設定(最初のルール作り)をしっかりと行うことで、将来の経営が大きく変わってきます。税理士・社会保険労務士はどちらも起業・会社設立に大きな役割を果たす専門家です。ここでは、それぞれの専門家の役割と、税理士×社労士のダブルライセンスだからできるサポートをご紹介します。

0

大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス集団!メリット事例⑤

全国でも珍しい、大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス事務所である寺田税理士・社会保険労務士事務所のメリットを事例集にしてまとめました。今回の事例は「社会保険労務士の新規相談から税理士の変更にもなったケース」です。また当事務所は労働保険事務組合も併設しております。

0

大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス集団!メリット事例④

全国でも珍しい、大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス事務所である寺田税理士・社会保険労務士事務所のメリットを事例集にしてまとめました。今回の事例は「税理士と社労士のダブルライセンス顧問で経営危機を乗り越える事が出来たケース」です。また当事務所は労働保険事務組合も併設しております。