0

大阪の労災保険特別加入は労働保険事務組合NIPRE大阪

Pocket
LINEで送る

大阪の一人親方労災保険特別加入、大阪の中小事業主労災保険特別加入は労災保険事務組合NIPRE大阪へ

tel2

労働保険事務組合NIPRE大阪公式ページボタン

当会は厚生労働大臣の認可を取得した労働保険事務組合です。

大阪の一人親方労災保険特別加入、大阪の中小事業主労災保険特別加入は労働保険事務組合NIPRE大阪へ。労働保険センター NIPRE大阪は平成26年2月に厚生労働大臣の認可を取得した労働保険事務組合です。

労働保険事務組合とは?

img428

労働保険事務組合とは、事業主から委託を受けて中小事業主や一人親方などの労災保険特別加入を取り扱うことができる事業主団体です

労働保険事務組合とは労働保険の徴収等に関する法律の規定により、事業主から委託を受けて本来の事業活動に加え労働保険の保険料の申告・納付等の労働保険事務を行うことについて厚生労働大臣の認可を取得した事業主団体等をいいます。

『社長や自営業の個人事業主でも労災保険を使えるって本当?労災保険特別加入制度まとめ』はコチラ↓↓↓
img452

労働保険センターNIPRE大阪の事業活動とは?

事業活動内容

img429

労働保険センターNIPRE大阪の事業活動内容は、以下の通りです
1.事業主が行う労働保険の事務処理に関する事業
(労働保険の保険料の徴収等に関する法律第4章の規定による労働保険事務組合としての事業)
2.経営・財務・税務情報誌の発刊
3.労務・助成金情報誌の発刊
4.経営・財務・税務・労務・助成金の相談
5.損害保険・生命保険の相談
6.資金調達・運用の相談
7.会員相互の事業活動の紹介・斡旋
8.経営者研修会・勉強会の開催
9.その他、当会が必要と認めた事項

労働保険事務組合に加入した際のメリットは?

img90

労働保険の事務処理は事業主自らが行うことが原則ですが、中小事業主については労働保険事務組合に処理を委託することができることになっています。労働保険事務組合に委託すると主に以下のメリットがあります。

・上記の事業活動サービスを受けることができる
・事務負担を軽減することができる
・保険料を3回に分割納付することができる
・中小事業主や家族労働者が労災保険に特別加入することができる

などのメリットがあります(ただし委託手数料等が必要となります)。

寺田税理士・社会保険労務士事務所

寺田税理士・社会保険労務士事務所では、中小事業主や一人親方の労災保険特別加入制度について「税・社会保険・助成金それぞれの専門家」という立場から総合的にフォロー致します。
今後、中小事業主や一人親方の労災保険特別加入制度に加入する場合、どのような事前準備が必要か、現状どのような課題や問題があるのか、などを総合的に検証しお客様に提案致します。

tel2

労働保険事務組合NIPRE大阪公式ページボタン

顧問料は助成金でお返しします

顧問料は助成金でお返しします

大阪の節税や助成金に強い大阪節税・助成金センター 寺田税理士・社会保険労務士事務所。ダブルライセンスによる節税対策・税務調査対策・助成金申請・給与計算代行・社会保険代行・未払残業代対策・会社設立・相続など強力サポート。詳しくはコチラ↓↓↓

寺田税理士・社会保険労務士事務所

寺田税理士・社会保険労務士事務所公式ページボタン

労働保険センターNIPRE大阪では、大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県を中心に労働保険事務組合として、事業主が行う労働保険の事務処理に関するサポートや中小事業主の労災特別加入などを中心に中小企業主様をサポートしております。詳しくはコチラ↓↓↓

tel2

労働保険事務組合NIPRE大阪公式ページボタン

(Visited 1,437 times, 1 visits today)
Pocket
LINEで送る

shinya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です