0

役員報酬(定期同額給与)の変更で必要な議事録の雛形(ひな形・雛型)とは?(無料ダウンロード)

Pocket
LINEで送る

役員報酬(定期同額給与)変更議事録

役員報酬(定期同額給与)の変更で必要な議事録の雛形(ひな形・雛型)とは?

役員報酬(定期同額給与)を変更するとき、必ずしなければならない手続きがあります。
※法人税法では、毎月支払う役員報酬のことを「定期同額給与」と言います。
この手続きを正しく行っていない場合、税務調査で指摘され、役員報酬が経費として認められない場合があります。

具体的には以下の3つがポイントとなります
・国税庁で定めている要件をクリアし、役員報酬(定期同額給与)の変更を行うこと
・株主総会などを開催し、正しい手順で変更額を設定すること
株主総会などにおける役員報酬(定期同額給与)変更の議事内容を「議事録」として作成し保管すること
この3つのポイントを押さえておかないと、税務調査が入ったときに役員報酬が経費として認められない場合がありますの注意を怠らないようにしましょう。
また加えて4つ目のポイントとして
・変更額が大きい場合は、社会保険料の変更に関する手続をすること
も忘れてはならない手続きです。

そして、今回は上記のうち3つ目のポイント
「株主総会などにおける役員報酬(定期同額給与)変更の議事内容を「議事録」として作成し保管すること」
に内容を絞り、役員報酬変更に必要な「議事録」の雛形(ひな形・雛型)を紹介し解説したいと思います。またこの雛形(ひな形・雛型)については無料フォーマット(WORD形式)をダウンロードできるようにしました。
是非、参考活用ください。

『役員報酬(定期同額給与)の変更改定の時期と注意すべき6つのポイント』はコチラ↓↓↓
役員報酬(定期同額給与)変更の時期

そもそも「議事録」とは?

「議事録」とはそもそも“会議や打ち合わせの内容、経過や結論などを記録し、それを伝えるための文書”です。
会社法361条では「取締役の報酬等については定款に定めていないときは、株主総会の決議による」と規定し、取締役の報酬等を定款又は株主総会の決議で決定することを要求しています。これは、“経営任務を任された取締役”が“会社の所有者である株主”の知らないところで勝手に役員報酬を決定できてしまうことを防止するためです。また実際にはこの権限を定款に定めているケースはほとんどなく、ほとんどが株主総会の決議によっています。

では以下に、役員報酬(定期同額給与)変更時に必要となる議事録の雛形(ひな形・雛型)を紹介し解説します。

役員報酬(定期同額給与)変更で必要な「議事録」とは?

役員報酬(定期同額給与)の変更は、原則として、事業年度開始日から3か月以内までにする必要があります。
たとえば、事業開始が4月1日の会社の場合、3か月経過の6月30日までに役員変更をしなければなりません。役員報酬の変更は前述のとおり株主総会の決議が必要のため、株主総会ももちろんそれまでに開催しなければなりません。必然的にその内容を記す「議事録」の日付も株主総会の日となります。ちなみに、この場合7月以降に役員報酬(定期同額給与)を変更した場合は会社の経費(損金)として認められません。したがってもし10月に役員報酬(定期同額給与)を減額すると、減額後の金額と減額前の金額との差額部分は損金として認められずそこに法人税が課せられます。
そしてもう一点注意すべき点は、役員個人の収入はあくまで実際に受け取った役員報酬の額で計算されるため個人所得税はすべてに課されます。要するに会社経費として認められなかった差額部分には法人税も個人所得税もかかるということです。

以下が株主総会における役員報酬(定期同額給与)変更の「議事録」です。

株主総会議事録(役員報酬変更)

・発行済株式総数は会社の定款に合わせます(通常は、発行済株式総数と議決権の数、議決権の個数は同じです)。
・株主総会の開催における、議長を記載します。
・今回変更を決定した役員報酬(定期同額給与)の金額を記載し、株主総会の出席者が署名・捺印します(代表者の押印部分は会社の印鑑、その他の出席者は個人の認印でかまいません)。

ちなみにこの役員報酬変更については、税務署への届出は特に不要です。
後日、税務調査で調査官から閲覧を求められたときには必要となりますのでしっかり作成し会社に保管しておきましょう。

役員報酬(定期同額給与)変更時の議事録のダウンロードはコチラ↓↓↓
【無料ダウンロード:WORD形式】
株主総会議事録(役員報酬・定期同額給与変更)の無料 雛形(ひな形・雛型)

まとめ

役員報酬(定期同額給与)の変更については、必ず「議事録」を作成し会社で保管しましょう。
最後にもういちど以下にまとめました。
役員報酬(定期同額給与)の変更以下の3つがポイントとなります。

1.国税庁で定められている要件をクリアして役員報酬(定期同額給与)の変更を行うこと
2.株主総会などを開催し正しい手順で変更額を設定すること
3.株主総会などにおける役員報酬(定期同額給与)変更の議事内容を「議事録」として作成し保管すること

この3つのポイントは必ず押さえておきましょう。
今回はこのうち上記3の「議事録」に焦点を絞って解説しました。
役員報酬(定期同額給与)を変更したときは、必ず今回解説した「議事録」を作成保管し、いつでも提出出来るようにしましょう。そうしておけば「役員報酬を経費として認めない」と税務署から指摘されることはありません。
また更に4つ目のポイントとして
・変更額が大きい場合は、社会保険料の変更に関する手続をすること
も忘れてはならない手続きです。
漏れないようにしましょう。

『役員報酬を活用した節税方法3つのポイント(定期同額給与・事前確定給与・社会保険料)』はコチラ↓↓↓
役員報酬を活用した節税

『知っておくべき役員報酬(定期同額給与)の減額の時期・理由・手続に関する5つのポイント』はコチラ↓↓↓
役員報酬(定期同額給与)減額の時期

『役員報酬を変更する場合の適性額はいくらか?知っておくべき5つのポイント』はコチラ↓↓↓
img473

寺田税理士・社会保険労務士事務所

寺田税理士・社会保険労務士事務所では、役員報酬(定期同額給与)変更の議事録作成について「税・社会保険・助成金それぞれの専門家」という立場から総合的にフォロー致します。
今後、役員報酬を活用した節税を検討したい場合、どのような事前準備が必要か、現状どのような課題や問題があるのか、などを総合的に検証しお客様に提案致します。

顧問料は助成金でお返しします

顧問料は助成金でお返しします

大阪の節税や助成金に強い大阪節税・助成金センター 寺田税理士・社会保険労務士事務所。ダブルライセンスによる節税対策・税務調査対策・助成金申請・給与計算代行・社会保険代行・未払残業代対策・会社設立・相続など強力サポート。詳しくはコチラ↓↓↓

寺田税理士・社会保険労務士事務所

寺田税理士・社会保険労務士事務所公式ページボタン

労働保険センターNIPRE大阪は、厚生労働省認可のもと、労働保険事務組合として、大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県を中心に中小事業主や建設業等に従事する一人親方の労災特別加入などを中心にサポートしております。詳しくはコチラ↓↓↓

tel2

労働保険事務組合NIPRE大阪公式ページボタン

(Visited 41,725 times, 3 visits today)
Pocket
LINEで送る

shinya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です