0

【300万円以下の副業は増税?】副業を雑所得で申告するデメリット

「副業での収入金額が300万円を超えない場合は雑所得として取り扱う」
令和4年8月1日に国税庁より所得税通達改正案が発表されました。

現状では、まだ意見公募(パブリックコメント)中ですが、通達の改正が行われると副業の収入が300万円以下の方は増税になる可能性があります。

0

最大490万!令和4年度:職場環境改善で申請できる「働き方改革推進支援助成金(労働時間短縮・年休促進支援コース)」

日本政府の重要な政策の1つである「働き方改革」は、労働環境の改善や多様な働き方により、生産性の向上が期待されています。働き方改革は、大企業だけの課題ではなく、中小企業も取り組む必要があります。この中小企業の働き方改革の取り組みを支援するための制度を「働き方改革推進支援助成金」と言います。

0

キャリアアップ助成金はこう変わる|令和4年度の改正点と注意点を解説!!

令和4年度キャリアアップ助成金改正

令和4年4月からキャリアアップ助成金が改正になる予定です。受給しやすく人気のあるキャリアアップ助成金ですが、今回の改正では受給要件が厳しくなると見込まれており、受給するためには新たに就労規則などを整備することも視野に入れる必要があります。

0

【仮想通貨の税金早見表付き】仮想通貨の確定申告を税理士がわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告

ビットコインなどに代表される仮想通貨は取引所で簡単に購入することができることもあり、人気の投資対象になっています。会社員をしながら仮想通貨の投資を行う人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

0

税理士×社労士が解説する|苦労しない年末調整のしかた

年の瀬が近づくとともに年末調整の時期に突入し、事務や経理業務の忙しさがさらに加速するのではないでしょうか。1年に1回の年末調整なので、経理の方の中には「毎年年末調整で苦労している」「何の書類が必要だったのだろう?」などと感じる方も多いと思います。

0

【2022年に向けておすすめの助成金・補助金を紹介】 税理士×社労士の寺田税理士・社会保険労務士事務所にすべてお任せください

この記事では、税理士×社労士がおすすめする2022年の助成金・補助金申請における税理士と社労士それぞれの役割についてご紹介します。

0

【まだ間に合う】1人親方が絶対するべきインボイス制度対策

令和5年10月より開始されるインボイス制度は、消費税の免税事業者である1人親方に大きな影響を与えることになり、ケースによっては仕事の減少、税負担の増加につながります。ここでは、インボイス制度が1人親方に与える影響と今からでもできる対策についてご紹介します。

0

【起業・創業を税理士×社労士の安心サポート!!】ダブルライセンスだからできるフルサポート

何を始めるにしても初期設定は重要です。起業・会社設立を行う場合も同様に初期設定(最初のルール作り)をしっかりと行うことで、将来の経営が大きく変わってきます。税理士・社会保険労務士はどちらも起業・会社設立に大きな役割を果たす専門家です。ここでは、それぞれの専門家の役割と、税理士×社労士のダブルライセンスだからできるサポートをご紹介します。