0

「ものづくり補助金」が復活!公募は平成27年8月5日まで

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

平成26年度補正予算で「ものづくり補助金」が復活

公募・申請期間

img144

平成26年度補正予算により「ものづくり補助金」が復活します。
公募=申請期間は平成27年8月5日までとなります。
みなさん申請される方は急ぎましょう。

補助金の目的

img142

ものづくり・商業・サービスなどの分野で環境などの成長分野へ参入するなど、中小企業・小規模事業者が実施する革新的な設備投資やサービス・試作品の開発、生産・業務プロセスの改善等を支援します。

補助金の対象者

img145

中小企業のうち「認定支援機関」から全面的なバックアップを得て事業を行うもので、以下の要件のいずれかを満たすこと。
注意:認定支援機関(経営革新等支援機関)とは、中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。
寺田税理士・社会保険労務士事務所も、この認定支援機関として認定されています。

1.ものづくり

img143

「中小ものづくり高度化法」に基づき、特定ものづくり基盤技術を活用していること
たとえば

  • バレル研磨の品質向上、作業環境の改善をもたらすタブレット型コンパウンドの開発
  • 印刷業界のプロセス改善による、品質向上計画

など

2.革新的サービス

bg32

「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」で示された方法で行う革新的なサービスの創出等であり、3~5年計画で、「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる計画であること。
たとえば

  • 「付加価値額」 5,000万円 → 翌年度150万円の向上
  • 「経常利益」 500万円 → 翌年度5万円の向上

をともに達成する事業

3.共同した設備投資等による事業革新

img95

複数の企業が共同し、ITやロボット等の設備投資により、革新的な試作品開発等やプロセスの改善に取組むことで、共同事業者全体の3~5年計画で「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる計画であること

補助金の額は最大1,000万円

img124

通常で 1,000万円を上限に補助(補助率:2/3)します。
詳細は以下のとおり

1.ものづくりの革新(補助率 2/3)

補助上限額:1,000万円

2.革新的なサービスの創出(補助率 2/3)

  1. 一般型  補助上限額:1,000万円
  2. コンパクト型 補助上限額:700万円

3.共同した設備投資等による事業革新(補助率 2/3)

補助上限額:共同体で5,000万円(500万円/社)

img107

寺田税理士・社会保険労務士事務所では、ものづくり補助金の申請について認定支援機関という立場からフォローアップ致します。また「税・社会保険それぞれの専門家」という立場からその他の分野まで総合的にフォロー致します。
この助成金を活用するうえで、どのような事前準備が必要か、どのような課題や問題があるのか、などを総合的に検証しお客様に提案致します。

img133

大阪(大阪府・大阪市)の節税や助成金・補助金に強い大阪節税・助成金センター 寺田税理士・社会保険労務士事務所。ダブルライセンスによる節税対策・助成金申請・未払残業代対策・会社設立・相続・社会保険料削減を強力サポート。詳しくはこちらから↓↓

topim3

(Visited 931 times, 1 visits today)
Pocket
LINEで送る

shinya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です