0

雇用調整助成金とキャリアアップ助成金は併給出来るのか?

Pocket
LINEで送る

雇用調整助成金とキャリアアップ助成金併給

雇用調整助成金とキャリアアップ助成金は併給が可能か?

 新型コロナウイルスの感染拡大防止の影響で、事業主が受給することができる雇用調整助成金ですが、「キャリアアップ助成金と併給できるのか?」という質問が経営者の中で増えています。
具体的には以下のような質問です。

 当社では有期社員を採用し、6か月後に正社員に転換しています。
 転換後さらに6か月経てば「キャリアアップ助成金(正社員化コース)」を申請できるので準備もしていましたが、新型コロナウイルスの影響で休業することになりその社員は全く勤務できていません。このような場合でも6か月経過すればキャリアップ助成金を申請することはできますか?
 ちなみにこの期間、給料100%分の休業手当を支払う予定です。

 キャリアアップ助成金は休業等で勤務した日が11日に満たない場合、1か月としてみなすことができません。したがって、勤務した日が11日以上ある月が6か月以上となるまでは申請はできません。しかし、今回のように100%の休業手当を支給する場合は、勤務した日に含まれますので申請することができます。なお支給要件の1つである「賃金の5%以上の増加」は求められますのでそのあたり注意が必要です。

 キャリアアップ助成金の正社員化コースのQ&Aでは以下のように回答されています
キャリアアップ助成金と休業
抜粋:厚生労働省「キャリアアップ助成金Q&A」より

 この通り、新型コロナウイルスによる事業主都合の休業で実際には勤務していない日であっても、給与の満額が支払われている場合は「勤務した日」に含まれるため、6か月が経過すれば申請は可能です。
 ただし、キャリアアップ助成金には賃金の5%以上の増加も支給要件としてあるために注意が必要です。

賃金は5%以上増加できるか?

 休業も含めた6か月間、賃金の5%以上増加は可能か?

 キャリアアップ助成金(正社員化コース)では、転換後6か月経過することとあわせて、以下のとおり”賃金の5%以上の増加”も要件となっています。

キャリアアップ助成金と休業手当

したがって休業手当を100%支給したとしても、その賃金額が転換前の6か月間の5%以上となっているかはチェックする必要があるので注意が必要でです。

また、有給休暇を取得した日も「勤務した日」に含まれます。

また、新型コロナウイルスの感染予防のために自主的に有給休暇を取得している方もいます。この有給休暇を取得した日についても「勤務した日」として含まれます。

キャリアアップ助成金「正社員化コース」のまとめはコチラ↓↓↓
『キャリアアップ助成金の「正社員化コース」はとても受給しやすい助成金!』キャリアアップ助成金正社員化コース

労働関係助成金の多くが増額される「生産性要件」とは?詳しくはコチラ↓↓↓
『労働関係助成金の多くが増額される「生産性要件」とは?』
生産性要件とは

(Visited 3,894 times, 8 visits today)
Pocket
LINEで送る

  • 労災保険特別加入 NIPRE大阪
  • 相続対策無料診断
  • 助成金無料診断
  • 寺田税理士・社会保険労務士事務所

shinya