0

民法大改正!配偶者居住権の創設で夫婦の居宅を保護!

配偶者居住権

民法の大改正により、新たに「配偶者居住権」という権利が生まれます。これにより、もし夫が亡くなっても残った妻が引き続き住み慣れた家で生活することが可能となります。残った配偶者の生活の安定が確保されることになります。施行は2020年4月1日からとなります。

0

民法大改正!自筆の遺言書の保管方法が拡大!

自筆遺言証書

民法の大改正で、自筆の遺言書を法務局の遺言書保管所が保管できる制度が創設されました。施行は2020年4月1日から。これまで自筆遺言書は自宅保管されることが多く、紛失したり、捨てられてしまったり、さらには書き換えられたりする可能性があり問題になっていましたが、この制度の創設で自筆の遺言書が公的機関が守ってくれます。

0

民法大改正!自宅を生前贈与すると遺産分割の対象外に!

夫婦間の自宅贈与

民法改正で相続における「夫婦間の自宅の贈与」に関して見直しされました。施行は2019年7月1日からとなります。結婚期間が20年以上の夫婦間で自宅の生前贈与を行った場合、遺産分割の対象外とされ結果的に配偶者は多くの相続財産を得て生活を安定させることができます。これらのことを図解を使ってわかりやすくまとめました。

0

民法大改正!遺留分制度が見直し!

遺留分

民法改正で相続における「遺留分制度」が見直しされました。施行は2019年7月1日からとなります。相続における遺留分制度について①遺留分の算定方法の見直し②遺留分侵害額の算定における債務の取扱いの見直し③遺留分減殺請求権の金銭債権化④被請求者に資力がない場合は支払期限の猶予などをわかりやすくまとめました。

0

節税保険の全損保険が販売停止!国税庁がついに怒号を放つ!

生命保険全損保険

【平成31年3月23日更新】

節税保険の全損保険が販売停止!

販売競争が過熱していた「節税保険」にようやくメスを入れた国税庁

平成31年2月13日、ついに国税庁が節税スキームとして過熱していた全損保険にメスを入れました。

0

サラリーマンでも節税!スーツ・研修・本代を特定支出控除にする方法

サラリーマンも節税特定支出控除

【平成30年12月30日更新】

サラーリマンでもスーツ代、研修代、本代、資格取得費が経費に認められる!

サラリーマンでも仕事で使った費用を活用して節税したい!そんなあなたへ

0

事業継承税制のメリットとデメリットを簡単に解説!!

事業継承税制

【平成30年12月29日更新】

事業継承税制のメリットとデメリット

平成30年に改正された新たな事業継承税制は「事業を後継者に引き継ぐときにかかる贈与税や相続税などの税金を大幅に安くしてもらえる制度」です

0

平成30年改正で規制が大幅緩和!事業承継税制とは?

事業承継税制

【平成31年1月12日更新】

平成30年4月1日 事業承継税制が大きく変わります

事業承継税制(贈与税・相続税の納税猶予及び免除制度)

平成30年度税制改正において、事業承継時の贈与税・相続税の納税を猶予する事業承継税制が大きく改正され、10年間限定の特例措置が設けられました。

0

メールで手軽に診断「相続対策」無料診断サービスを開始しました。

img568

メールで手軽に診断!「相続対策」無料診断サービス

「相続対策」無料診断サービスを開始しました!

「相続対策」無料診断サービスを開始しました!

0

3分でわかる!相続税対策の贈与で「名義預金」と指摘されない3つのポイント

img550

「名義預金」と指摘されない3つのポイント

相続税対策の贈与で「名義預金」と指摘されないためのポイントを3分で理解できる内容にしました