0

「借り上げ社宅」の活用で法人税や所得税の節税を実現する方法

社長、役員は法人契約の「借り上げ社宅」を利用して"節税"とその他のコスト削減を実現しましょう!"節税”とその他のコスト削減には借り上げ社宅の活用が有効です。「社長や会社役員の自宅家賃が、会社の経費になればいいなぁ。何か良い社会保険料の削減方法はないかなぁ。」なんて考えたことがあるかたは、是非この借り上げ社宅制度を活用しましょう!

0

民法大改正!自筆の遺言書の保管方法が拡大!

民法の大改正で、自筆の遺言書を法務局の遺言書保管所が保管できる制度が創設されました。施行は2020年4月1日から。これまで自筆遺言書は自宅保管されることが多く、紛失したり、捨てられてしまったり、さらには書き換えられたりする可能性があり問題になっていましたが、この制度の創設で自筆の遺言書が公的機関が守ってくれます。

0

民法大改正!自宅を生前贈与すると遺産分割の対象外に!

民法改正で相続における「夫婦間の自宅の贈与」に関して見直しされました。施行は2019年7月1日からとなります。結婚期間が20年以上の夫婦間で自宅の生前贈与を行った場合、遺産分割の対象外とされ結果的に配偶者は多くの相続財産を得て生活を安定させることができます。これらのことを図解を使ってわかりやすくまとめました。

0

民法大改正!遺留分制度が見直し!

民法改正で相続における「遺留分制度」が見直しされました。施行は2019年7月1日からとなります。相続における遺留分制度について①遺留分の算定方法の見直し②遺留分侵害額の算定における債務の取扱いの見直し③遺留分減殺請求権の金銭債権化④被請求者に資力がない場合は支払期限の猶予などをわかりやすくまとめました。

0

民法大改正!預貯金の仮払い制度で相続人の資金不足を解消

民法の大改正により「預貯金の仮払い制度」が創設・改正されました。2019年7月1日から施行されます。これにより、以前の相続が起きたとき生活費や葬儀費用の支払などのお金が払えないという問題が解消されることになります。今回はこの「預貯金の仮払い制度」を分かりやすくまとめました。