0

令和元年 和歌山県最低賃金が27円引上げ時給830円に!適用は10月初旬予定

和歌山県最低賃金令和元年

【令和元年8月22日更新】令和元年(2019年) の和歌山県最低賃金が27円引き上げで時給額830円になる予定です(和歌山地方最低賃金審議会が答申)。この答申が通れば令和元年10月初旬の労働分から適用されます。この改正(引上げ)により、普段から税法上の配偶者控除103万の壁(平成30年からは税制改正で150万に引上げ)や、社会保険上の130万の壁を考慮している世帯にとっては、更に働き方の見直しが必要となります。

0

最新情報!大阪府最低賃金は時給額964円へ!予定は令和元年10月1日から

大阪府最低賃金令和元年

【令和元年8月22日更新】大阪府の2019年(令和元年)の最低賃金が964円に改正される予定です!令和元年10月1日(効力発生日)の労働分から大阪府最低賃金が964円に引き上げられる予定です。

0

令和元年 兵庫県最低賃金が28円引上げ時給899円に!適用は10月1日予定

兵庫県最低賃金令和元年

【令和元年8月22日更新】令和元年(2019年) の兵庫県最低賃金が28円引き上げで時給額899円になる予定です(兵庫地方最低賃金審議会が答申)。この答申が通れば令和元年10月1日労働分から適用されます。この改正(引上げ)により、普段から税法上の配偶者控除103万の壁(平成30年からは税制改正で150万に引上げ)や、社会保険上の130万の壁を考慮している世帯にとっては、更に働き方の見直しが必要となります。

0

令和元年 京都府最低賃金が27円引上げ時給909円に!適用は10月1日予定

京都府最低賃金令和元年

【令和元年8月22日更新】令和元年(2019年) の京都府最低賃金が27円引き上げで時給額909円になる予定です(京都地方最低賃金審議会が答申)。この答申が通れば令和元年10月1日労働分から適用されます。この改正(引上げ)により、普段から税法上の配偶者控除103万の壁(平成30年からは税制改正で150万に引上げ)や、社会保険上の130万の壁を考慮している世帯にとっては、更に働き方の見直しが必要となります。

0

ついに1,000円超え!令和元年 東京都最低賃金が時給1,013円に!適用は10月1日予定

東京都最低賃金令和元年

【令和元年8月22日更新】令和元年(2019年) の東京都最低賃金が28円引き上げで時給額1,013円になる予定です(東京地方最低賃金審議会が答申)。この答申が通れば令和元年10月1日労働分から適用されます。この改正(引上げ)により、普段から税法上の配偶者控除103万の壁(平成30年からは税制改正で150万に引上げ)や、社会保険上の130万の壁を考慮している世帯にとっては、更に働き方の見直しが必要となります。

0

令和元年 奈良県最低賃金が26円引上げ時給837円に!適用は10月5日予定

奈良県最低賃金令和元年

【令和元年8月22日更新】令和元年(2019年) の奈良県最低賃金が26円引き上げで時給額837円になる予定です(奈良地方最低賃金審議会が答申)。この答申が通れば令和元年10月5日の労働分から適用されます。この改正(引上げ)により、普段から税法上の配偶者控除103万の壁(平成30年からは税制改正で150万に引上げ)や、社会保険上の130万の壁を考慮している世帯にとっては、更に働き方の見直しが必要となります。

0

令和元年も引上げ!大阪府最低賃金は964円へ引き上げとなる予定です!

大阪府最低賃金令和元年

【令和元年8月22日更新】今年も全国で一斉に最低賃金が引き上げられます。令和元年(2019年)の”大阪府最低賃金”は964円に引き上げられる予定です。全国の各都道府県で最低賃金が変更となる予定ですので、変更後の金額や施行される日を事前に確認しておきましょう。

0

令和元年 滋賀県最低賃金が27円引上げ時給866円に!適用は10月3日予定

【令和元年8月22日更新】令和元年(2019年) の滋賀県最低賃金が27円引き上げで時給額866円になる予定です(滋賀地方最低賃金審議会が答申)。この答申が通れば令和元年10月3日の労働分から適用されます。この改正(引上げ)により、普段から税法上の配偶者控除103万の壁(平成30年からは税制改正で150万に引上げ)や、社会保険上の130万の壁を考慮している世帯にとっては、更に働き方の見直しが必要となります。

0

節税保険の全損保険が販売停止!国税庁がついに怒号を放つ!

生命保険全損保険

【平成31年3月23日更新】

節税保険の全損保険が販売停止!

販売競争が過熱していた「節税保険」にようやくメスを入れた国税庁

平成31年2月13日、ついに国税庁が節税スキームとして過熱していた全損保険にメスを入れました。

0

サラリーマンでも節税!スーツ・研修・本代を特定支出控除にする方法

サラリーマンも節税特定支出控除

【平成30年12月30日更新】

サラーリマンでもスーツ代、研修代、本代、資格取得費が経費に認められる!

サラリーマンでも仕事で使った費用を活用して節税したい!そんなあなたへ