0

最新!税務署による税務調査が多い上位10業種ランキング

Pocket
LINEで送る

税務署による税務調査が多い上位10業種ランキング

国税庁から平成27年事務年度所得税調査等の状況が発表されましたが、その特徴をまとめてみた。

税務調査の全体の傾向

調査件数は、前年度比12.1%減少の65万件強で、そのうちの非違件数も同様15.1%減少の40万件弱であったものの申告漏れ所得金額や追徴税額は各々1.5%と6.5%増加となりました。
この原因は、高額と思われる事案や悪質と見込まれる事案等を優先的に調査した結果とされています。不動産等の大口所有者や経常的な所得が高額な者などのいわゆる富裕層に対する調査や、海外投資等を行っている富裕層等に集中的な調査が実施されています。

個人事業主と法人の税務調査の対策はコチラ↓↓↓
『税務調査(個人事業主・法人)を完全攻略する事前準備と対策』
個人事業主と法人の税務調査の対策

税務調査の種類

税務調査の種類

税務調査は次の3つの累計に分類されています。

特別調査、一般調査

これらの調査は、高額や悪質な不正計算が見込まれる事案を対象に深度ある調査を実施するもので、特別調査は多額な脱漏が見込まれる者等を対象に10日以上の日数を確保して実施されています。

着眼調査

資料情報や申告内容の分析の結果、申告漏れが見込まれる事案を対象に実施臨場により短期間で行うものとされています。

簡易な接触

原則実施臨場は行わず、文書や電話連絡または来所依頼による面接を通して申告内容を是正するものとされています。

税務調査の知られざる真実!↓↓↓
『税務調査の知られざる真実!調査官が雑談をしたがる理由』
税務調査対策

調査1件当たりの申告漏れ所得金額が高額な上位10業種

申告漏れ所得金額が 多い業種ランキング

ちなみに、1件あたりの申告漏れ所得金額の高額ベスト10は、
1位「キャバレー」、2位「風俗」、3位「畜産農業」という順位以下の表のとおりとなっています。
(単位:万円)

順位 業種目 1件当たりの
申告漏れ所得金額
1件当たりの
追徴税額(含加算税)
直近の年分に係る
申告漏れ割合
1位 キャバレー 2,628 700 89.1
2位 風俗業 2,326 646 92.4
3位 畜産農業(肉用牛) 1,471 271 94.3
4位 ダンプ運送 1,144 182 59.0
5位 特定貨物自動車運送 1,118 146 55.5
6位 解体工事 1,006 178 52.1
7位 型枠工事 983 157 51.0
8位 バー 970 143 67.8
9位 鉄骨鉄筋工事 970 144 54.2
10位 タイル工事 966 136 48.8

主な税務調査の事例

  1. 海外未公開株式の譲渡所得の申告漏れ
  2. 消費税課税事業者とならないように意図的に収入金額を過少申告
  3. 金地金等の譲渡所得の無申告
  4. 実態の取引金額と異なる契約を作成

等々。

法人税の実地調査について

なお参考までに、ほぼ同時に発表された法人税の実施調査割合という考え方をすれば、実調率は3.1%となり、前年度比1.6%減となっています。

個人事業主と法人の税務調査の対策はコチラ↓↓↓
『税務調査(個人事業主・法人)を完全攻略する事前準備と対策』
個人事業主と法人の税務調査の対策

「税理士」と「社会保険労務士」ダブルライセンスのメリット事例はコチラ↓↓↓
「税理士」と「社会保険労務士」ダブルライセンスのメリット

(Visited 4,095 times, 1 visits today)
Pocket
LINEで送る

  • 労災保険特別加入 NIPRE大阪
  • 相続対策無料診断
  • 助成金無料診断
  • 寺田税理士・社会保険労務士事務所

shinya