Pocket
LINEで送る

0

車両・パソコン・タブレット・スマホの購入も対象!業務改善助成金(特例コース)

このたび、業務改善助成金(特例コース)の内容が拡充されました。これによりパソコン・タブレット・スマホ・車両の購入も助成の対象となります。拡充された内容については以下の通りです。①対象期間延長(令和5年1月31日まで延長) ② 対象事業者の要件拡大(コロナだけでなく原材料高騰により利益が減少した事業者も助成対象に)

0

【300万円以下の副業は増税?】副業を雑所得で申告するデメリット

「副業での収入金額が300万円を超えない場合は雑所得として取り扱う」
令和4年8月1日に国税庁より所得税通達改正案が発表されました。

現状では、まだ意見公募(パブリックコメント)中ですが、通達の改正が行われると副業の収入が300万円以下の方は増税になる可能性があります。

0

令和4年(2022年)大阪府最低賃金は1,023円。価格高騰で31円引上げ

価格・原価高騰の影響を受け、全国で一斉に最低賃金が見直しとなりました。令和4年(2022年)の”大阪府最低賃金”は1,023円となり前年から31円の引き上げとなります。適用は令和4年10月1日から。全国の各都道府県で最低賃金が変更となりますので、変更後の金額や施行される日を確認しましょう。

0

価格・物価高騰で最大10万!京都市中小企業等総合支援補助金

2022年7月、京都市では原油価格・物価高騰等で売上高が30%以上減少している事業者に対し、燃料費、光熱水費、原材料費、人件費、事務所等の家賃や資金調達コスト等事業の継続に要する経費に幅広く活用いただける補助制度を創設されました。補助は法人で10万、個人事業者で5万が支給されます。補助率も100%、事後申請方式となっています。詳細は以下となりますので京都市の皆様は是非ご活用ください。

0

最大490万!令和4年度:職場環境改善で申請できる「働き方改革推進支援助成金(労働時間短縮・年休促進支援コース)」

日本政府の重要な政策の1つである「働き方改革」は、労働環境の改善や多様な働き方により、生産性の向上が期待されています。働き方改革は、大企業だけの課題ではなく、中小企業も取り組む必要があります。この中小企業の働き方改革の取り組みを支援するための制度を「働き方改革推進支援助成金」と言います。