0

建設業は強制的に社会保険の加入へ!

建設業の社会保険未加入

「建設業」で今も社会保険に加入していない事業所は要注意です。国はこのような事業所をピックアップし厳しく取り締まっています。今後、国は未加入の事業所に対してどのような措置が取るのかをまとめました。

0

社会保険未加入の法人は強制加入へ!飲食店・美容院などは要注意!

飲食店、美容院などで社会保険に加入していない事業所は要注意です。いよいよ政府も本気モードです。税理士であり社会保険労務士である筆者がその内容をわかりやすくまとめました。是非チェックし今後の対策にも役立たせてください。

0

知ってる?社会保険の被扶養家族になるための条件

社会保険上の扶養家族になれる条件について詳しくまとめました。このページを最後まで読み、今まであいまいに理解していた「社会保険の扶養家族」の条件をよく理解していただきたいと思う。また「税法上の扶養家族」の条件との違いも解説。もしあなたの身近な方で同じような間違いをしている人がいるならば、是非その方にも正しい情報を伝えていただきたいと思う。

0

年金の受給資格10年に短縮!受給のための4つのポイント

今からでも受給できる!金額を増やすこともできる!

これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要でした。

0

飲食店、美容・美容業も社会保険強制加入の強化へ!厚生年金加入へ督促強化!

飲食店、美容・美容業も社会保険強制加入の強化へ!厚生年金加入へ督促強化!厚生労働省は、平成29年3月29日「社会保険の適用促進対策について」の中で、厚生年金加入へ督促強化の対象に①飲食店営業、②食品製造業、③理容業・美容業、③社会福祉事業を指定した。

1

国民年金保険料を滞納すると強制徴収!対象となるのは年間所得300万円以上!

現在、国民年金保険料の強制徴収は年間所得が350万円以上(未納月数7ヶ月以上)の滞納者に対して実施しているが、平成29年(2017年度)からは年間所得300万円以上(未納月数13ケ月以上)に、さらに平成30年(2018年度)からは年間所得300万円以上(未納月数7ケ月以上)に拡大されることとなる。平成28年9月、厚生労働省と日本年金機構は、国民年金保険料の強制徴収の対象を拡大する方針を決定した。

0

社会保険未加入で悪質な場合は「刑事告発」の可能性

社会保険未加入の事業所で、かつ悪質な場合は「刑事告発」の可能性もあります。マイナンバー制の導入で今後逃れることは困難になるでしょう。税理士であり社会保険労務士である筆者が解説します。

2

『マイナンバー制度(社会保障・背番号制度)』が始まります

2016年1月(平成28年)に導入が決定している『マイナンバー制度(社会保障・背番号制度)』に関する情報を集めてみました。導入まであと1年となり、いざ導入されると全国民にとってとっても重要な内容になりますが、それでも「まだ何も知らない」という方が実際多いのではないでしょうか?
今回はこの『マイナンバー制度(社会保障・背番号制度)』について、その内容や導入によるメリットやデメリットなどを簡単にまとめてみたいと思います。