0

工事現場で働く一人親方の労災保険特別加入のメリットは?

一人親方の労災特別加入のメリット

建築業など建設現場で働く一人親方の労災保険『特別加入制度』の概要とメリットをだれでも読みやすく簡単にまとめました。

0

建設業などの一人親方が加入できる労災保険特別加入制度とは?

一人親方の労災特別加入制度

建設業における一人親方の労災保険特別加入制度についてまとめました。これから一人親方の労災保険の特別加入を希望する方はもちろん、すでに加入されている方もあらためて特別加入制度についてこの記事を読んで理解していただきたいと思います。

0

知ってる?社会保険の被扶養家族になるための条件

社会保険の扶養家族になれる条件

社会保険上の扶養家族になれる条件について詳しくまとめました。このページを最後まで読み、今まであいまいに理解していた「社会保険の扶養家族」の条件をよく理解していただきたいと思う。また「税法上の扶養家族」の条件との違いも解説。もしあなたの身近な方で同じような間違いをしている人がいるならば、是非その方にも正しい情報を伝えていただきたいと思う。

0

社会保険(健康保険・厚生年金保険)の加入義務や要件とは?

社会保険に加入すべき会社とは?

平成29年以降の社会保険(健康保険・厚生年金保険)の加入義務や要件とは?「会社が社会保険に入る義務があるのか知りたい」「自分が社会保険に加入すべきなのか知りたい」という想いでここにたどり着いたあなたへ。あなたに『このページを読んで、社会保険の加入要件が理解できた。加入義務があるのかないのか整理できた。今後対応すべきことが分かった』と感じてもらえれば幸いである。

1

国民年金保険料を滞納すると強制徴収!対象となるのは年間所得300万円以上!

国民年金保険料滞納強制徴収

現在、国民年金保険料の強制徴収は年間所得が350万円以上(未納月数7ヶ月以上)の滞納者に対して実施しているが、平成29年(2017年度)からは年間所得300万円以上(未納月数13ケ月以上)に、さらに平成30年(2018年度)からは年間所得300万円以上(未納月数7ケ月以上)に拡大されることとなる。平成28年9月、厚生労働省と日本年金機構は、国民年金保険料の強制徴収の対象を拡大する方針を決定した。

0

社会保険未加入(厚生年金加入逃れ)、悪質な場合は「刑事告発」の可能性

img172

平成28年1月20日、社会保険が未加入となっている全国79万の事業所に対し、悪質な未加入事業所は刑事告発も視野に入れる基準の策定が始まりました。平成28年1月19日午前、塩崎恭久厚生労働大臣は閣議後の記者会見で、保険料の支払いを逃れるため、厚生年金に加入していない悪質な事業主について、刑事告発を検討する考えを表明した。厚生労働省と日本年金機構は、社会保険に入りたくない、保険料を払いたくない、社員が自分で払えばいいなどの理由で厚生年金への加入を逃れている悪質な事業主について、刑事告発するかどうかを判断するための新たな基準を策定する方針を固めた。社会保険未加入の問題、該当する会社にとっては大きな問題です。マイナンバー制度の導入もあり今まで通り未加入のままは困難になるでしょう。

2

『マイナンバー制度(社会保障・背番号制度)』が始まります

img79

2016年1月(平成28年)に導入が決定している『マイナンバー制度(社会保障・背番号制度)』に関する情報を集めてみました。導入まであと1年となり、いざ導入されると全国民にとってとっても重要な内容になりますが、それでも「まだ何も知らない」という方が実際多いのではないでしょうか?
今回はこの『マイナンバー制度(社会保障・背番号制度)』について、その内容や導入によるメリットやデメリットなどを簡単にまとめてみたいと思います。

0

保険代理店業務の適正化(改正保険業法及び施行規則)

img65

平成26年5月23日、「保険業法等の一部を改正する法律」が5月13日の衆議院に続き、参議院本会議でも賛成多数で通過し、改正保険業法が成立した。保険代理店だけでなく委託型募集人にも大きな影響が発生します。期限は平成27年3月31日までです。
詳しくは「保険業法の一部を改正する法律の概要」を参考ください

0

大阪の労災保険特別加入は労働保険事務組合NIPRE大阪

建設業一人親方

当会は平成26年2月に厚生労働大臣の認可を取得した労働保険事務組合です。このたび、当事務所運営の労働保険センター NIPRE大阪のホームページをアップしました。

0

安い料金‼︎中小事業主や一人親方の労災保険特別加入はNIPRE大阪へ

img449.fw

今回は当事務所運営の労働保険センターNIPRE大阪が主に取り扱う“事業主の労災特別加入(事業主様の業務災害の安全保障)”についてご説明したいと思います。
いま「労災の特別加入制度」に加入し,労災保険が適用されるようにする事業主が増えています。