0

最新情報!令和元年 大阪・東京・京都・兵庫・和歌山・奈良・滋賀の最低賃金の一覧!

大阪府最低賃金令和元年

【令和元年8月6日更新】令和元年(2019年) の大阪府最低賃金が28円引き上げで時給額964円になる予定です(大阪地方最低賃金審議会が答申)。この答申が通れば令和元年10月1日労働分から適用されます。この改正(引上げ)により、普段から税法上の配偶者控除103万の壁(平成30年からは税制改正で150万に引上げ)や、社会保険上の130万の壁を考慮している世帯にとっては、更に働き方の見直しが必要となります。

0

令和元年 京都府最低賃金が27円引上げ時給909円に!適用は10月1日予定

京都府最低賃金令和元年

【令和元年8月6日更新】令和元年(2019年) の京都府最低賃金が27円引き上げで時給額909円になる予定です(京都地方最低賃金審議会が答申)。この答申が通れば令和元年10月1日労働分から適用されます。この改正(引上げ)により、普段から税法上の配偶者控除103万の壁(平成30年からは税制改正で150万に引上げ)や、社会保険上の130万の壁を考慮している世帯にとっては、更に働き方の見直しが必要となります。

1

令和元年 大阪府最低賃金が28円引上げ時給964円に!適用は10月1日予定

大阪府最低賃金令和元年

【令和元年8月6日更新】令和元年(2019年) の大阪府最低賃金が28円引き上げで時給額964円になる予定です(大阪地方最低賃金審議会が答申)。この答申が通れば令和元年10月1日労働分から適用されます。この改正(引上げ)により、普段から税法上の配偶者控除103万の壁(平成30年からは税制改正で150万に引上げ)や、社会保険上の130万の壁を考慮している世帯にとっては、更に働き方の見直しが必要となります。

0

大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス集団!メリット事例⑤

税理士社会保険労務士ダブルライセンス

全国でも珍しい、大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス事務所である寺田税理士・社会保険労務士事務所のメリットを事例集にしてまとめました。今回の事例は「社会保険労務士の新規相談から税理士の変更にもなったケース」です。また当事務所は労働保険事務組合も併設しております。

0

大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス集団!メリット事例②

税理士社会保険労務士ダブルライセンス

全国でも珍しい、大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス事務所である寺田税理士・社会保険労務士事務所のメリットを事例集にしてまとめました。今回の事例は「毎月の打合せで設備投資と採用の助成金が受給できたケース」です。また当事務所は労働保険事務組合も併設しております。

0

ハワイへの起業や進出でおさえておくべき6つのポイント|大阪

ハワイへの起業進出

はじめに

「ハワイでビジネスをしたいが、どうしていいのかまったくわからない・・・」
このように悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

2

相続税や所得税の節税対策で活用する資産管理会社(資産管理法人)のメリットとデメリット

資産管理会社

不動産投資や金融資産投資、また所得税対策や相続税対策を考えている人にとって、必ずと言っていいほど一度は耳にする「資産管理会社(=または資産管理法人)」。今回はこの「資産管理会社」をうまく活用した事業の法人化のお話です。所得税と相続税対策を目的とした「資産管理会社(=または資産管理法人)」のメリットとデメリットをまとめました。

1

自営業の個人事業主が法人化(会社設立)し社会保険に加入する場合のメリット

img456

自営業の個人事業主が法人化(会社設立)し社会保険に加入する場合のメリットをご紹介します。個人事業主の事業が軌道に乗ってきた際、必ず検討するのが”法人化・会社化”です。事業の年間売上が1,000万を超えると2年後には消費税がかかってくるという事実も影響し、個人事業主にとって”法人化・会社化”はその後の事業にとって重要なターニングポイントになります。近ごろは従業員を雇用することなく、代表者一人若しくは家族だけを役員にして法人化されるケースが大変増えています。ほとんどは「節税につながるから」「営業上有利だから」「融資を受けやすいから」といった理由が多いのですが、当事務所ではもう一点「社会保険に加入できるから」ということで”法人化・会社化”をお勧めしています。

0

売上3,000万の建設業の場合、個人事業と法人事業どちらが得か。税金、社会保険料、将来の年金も考慮し試算してみた。

img446.fw

売上3,000万の建設業の場合、個人事業と法人事業どちらが得か。税金、社会保険料、将来の年金も考慮し試算してみた。

1

社会保険の未加入会社(法人)は強制加入へ!建設業だけでなく飲食店、美容・美容業、社会福祉事業も要注意!

ついに社会保険未加入の会社は強制加入へ"

厚生労働省と日本年金機構は平成27年4月以降、違法に社会保険の加入を逃れている中小企業約80万社に対して、強力な指導に乗り出す方針を発表しました。(社会保険とは=政府管掌の健康保険、厚生年金保険のことをいう)この動きにともない、いまだ社会保険に加入していない(=未加入)の事業所はどのような対策をとっていくべきでしょうか?