0

配偶者控除が150万へ引上げ!!平成30年より(節税・労務・助成金ニュース第102号)

節税・労務・助成金ニュース第102号

配偶者控除が150万へ引上げとなります。適用は平成30年から。ただし社会保険の扶養に関する「130万の壁」があるため注意が必要です。だれでも分かりやすく簡単にまとめています。

0

年金の受給資格10年に短縮!受給のための4つのポイント

年金受給資格期間

今からでも受給できる!金額を増やすこともできる!

これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要でした。

0

配偶者控除が引上げ!平成30年(2018年)150万へ|寺田税理士・社会保険労務士事務所

配偶者控除の引き上げ.fw

今回の配偶者控除改正の概要

1 平成30年より配偶者控除(及び配偶者特別控除)が引き上げとなる
2 ただしこれはあくまで夫(世帯主)の所得税計算の話であり、妻自身の所得税は103万を超えると発生する。

1

自営業の個人事業主が法人化(会社設立)し社会保険に加入する場合のメリット

img456

自営業の個人事業主が法人化(会社設立)し社会保険に加入する場合のメリットをご紹介します。個人事業主の事業が軌道に乗ってきた際、必ず検討するのが”法人化・会社化”です。事業の年間売上が1,000万を超えると2年後には消費税がかかってくるという事実も影響し、個人事業主にとって”法人化・会社化”はその後の事業にとって重要なターニングポイントになります。近ごろは従業員を雇用することなく、代表者一人若しくは家族だけを役員にして法人化されるケースが大変増えています。ほとんどは「節税につながるから」「営業上有利だから」「融資を受けやすいから」といった理由が多いのですが、当事務所ではもう一点「社会保険に加入できるから」ということで”法人化・会社化”をお勧めしています。

0

売上3,000万の建設業の場合、個人事業と法人事業どちらが得か。税金、社会保険料、将来の年金も考慮し試算してみた。

img446.fw

売上3,000万の建設業の場合、個人事業と法人事業どちらが得か。税金、社会保険料、将来の年金も考慮し試算してみた。

1

社会保険の未加入会社(法人)は強制加入へ!建設業だけでなく飲食店、美容・美容業、社会福祉事業も要注意!

ついに社会保険未加入の会社は強制加入へ"

厚生労働省と日本年金機構は平成27年4月以降、違法に社会保険の加入を逃れている中小企業約80万社に対して、強力な指導に乗り出す方針を発表しました。(社会保険とは=政府管掌の健康保険、厚生年金保険のことをいう)この動きにともない、いまだ社会保険に加入していない(=未加入)の事業所はどのような対策をとっていくべきでしょうか?

0

知ってる?社会保険の被扶養家族になるための条件

社会保険の扶養家族になれる条件

社会保険上の扶養家族になれる条件について詳しくまとめました。このページを最後まで読み、今まであいまいに理解していた「社会保険の扶養家族」の条件をよく理解していただきたいと思う。また「税法上の扶養家族」の条件との違いも解説。もしあなたの身近な方で同じような間違いをしている人がいるならば、是非その方にも正しい情報を伝えていただきたいと思う。