0

最新情報!平成30年 全国 各都道府県の最低賃金を一覧にしました

全国各都道府県別最低賃金平成30年

平成30年 全国の最低賃金が全て決定!

【平成30年9月8日更新】

2018年度(平成30年)の全国 各都道府県別の最低賃金 が決定されました。

0

平成30年 滋賀県最低賃金が時給839円に決定!適用は10月1日から!

滋賀県最低賃金平成30年

平成30年 滋賀県最低賃金が時給839円に決定!適用は10月1日から!

【平成30年9月8日更新】

2018年度(平成30年)の滋賀県最低賃金は26円引き上げて、839円に決定しました。

0

平成30年 和歌山県最低賃金が時給803円に決定!適用は10月1日から!

和歌山県最低賃金平成30年

平成30年 和歌山県最低賃金が時給803円に決定!適用は10月1日から!

【平成30年9月8日更新】

2018年度(平成30年)の和歌山県最低賃金は26円引き上げて、803円に決定しました。

0

平成30年改正で規制が大幅緩和!事業承継税制とは?

事業承継税制

平成30年4月1日 事業承継税制が大きく変わります

事業承継税制(贈与税・相続税の納税猶予及び免除制度)

平成30年度税制改正において、事業承継時の贈与税・相続税の納税を猶予する事業承継税制が大きく改正され、10年間限定の特例措置が設けられました。

0

平成30年2月の補正予算で「ものづくり補助金」が復活!

ものづくり補助金

平成28年(平成27年度補正予算)で「ものづくり補助金」が復活します。ものづくり補助金は製造業だけでなく商業やサービス業も含め、すべての中小企業が対象となります。名称についても昨年の「ものづくり・商業サービス革新補助金」から「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」に改称されました。公募=申請期間は平成28年2月5日から4月13日までとわずか2ヶ月となります。みなさん申請される方は急ぎましょう。

0

定員120名セミナー開催と最低賃金引上げのお知らせ(節税・労務・助成金ニュース第104号)

節税・労務・助成金ニュース 平成29年9月No104号

「節税・労務・助成金ニュース」第104号公開!

今回のニュースは
1.毎年恒例!定員120名セミナー開催のご案内
「売上目標を達成し続けるものだけが知っている!大切にしている5つのポイント」をテーマに開催。

0

平成30年 奈良県最低賃金が時給811円に決定!適用は10月4日から!

奈良県最低賃金平成30年

【平成29年9月2日更新】平成29年 奈良県最低賃金が24円引き上げで時給額786円になります。適用は平成29年10月1日労働分からです。この改正(引上げ)により、普段から税法上の配偶者控除103万の壁(平成30年からは税制改正で150万に引上げ)や、社会保険上の130万の壁を考慮している世帯にとっては、更に働き方の見直しが必要となります。

0

平成30年 東京都最低賃金が時給985円に決定!適用は10月1日から!

東京都最低賃金平成30年

【平成29年9月2日更新】平成29年 東京都最低賃金が26円引き上げで時給額958円になります。適用は平成29年10月1日労働分からです。この改正(引上げ)により、普段から税法上の配偶者控除103万の壁(平成30年からは税制改正で150万に引上げ)や、社会保険上の130万の壁を考慮している世帯にとっては、更に働き方の見直しが必要となります。

0

10月の最低賃金引上げで事前に活用できる2つの助成金!!(節税・労務・助成金ニュース第103号)

節税・労務・助成金ニュース 平成29年8月No103号

「節税・労務・助成金ニュース」第103号公開!

今回のニュースは
1.最低賃金引き上げ前に活用できる2つの助成金!
今年も秋から全国で最低賃金が引上げとなります。そこでその前に賃金引上げ・生産性向上に向けた支援を目的とした助成金があります。是非活用しましょう!

0

配偶者控除が150万へ引上げ!!平成30年より(節税・労務・助成金ニュース第102号)

節税・労務・助成金ニュース第102号

配偶者控除が150万へ引上げとなります。適用は平成30年から。ただし社会保険の扶養に関する「130万の壁」があるため注意が必要です。だれでも分かりやすく簡単にまとめています。