0

大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス集団!メリット事例③

税理士社会保険労務士ダブルライセンス

全国でも珍しい、大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス事務所である寺田税理士・社会保険労務士事務所のメリットを事例集にしてまとめました。今回の事例は「社労士のみ顧問だったIT企業が税理士顧問も追加になったケース」です。また当事務所は労働保険事務組合も併設しております。

1

平成29年 大阪府最低賃金は時給額909円へ!26円引き上げ!

大阪府最低賃金平成29年

【平成29年9月1日更新】平成29年 大阪府最低賃金が26円引き上げで時給額909円になります。適用は平成29年9月30日労働分からです。この改正(引上げ)により、普段から税法上の配偶者控除103万の壁(平成30年からは税制改正で150万に引上げ)や、社会保険上の130万の壁を考慮している世帯にとっては、更に働き方の見直しが必要となります。

0

平成29年から建設業は強制的に社会保険の加入へ!

img458.fw

平成29年(2017年)以降、「建設業」でいまだ社会保険に加入していない事業所は要注意である。
いよいよこの平成29年から、このような社会保険未加入の事業所は強制加入とされる見込みだからである。今未加入事業所に対してどのような措置が取られるのかをまとめた。

1

社会保険の未加入会社(法人)は強制加入へ!建設業だけでなく飲食店、美容・美容業、社会福祉事業も要注意!

ついに社会保険未加入の会社は強制加入へ"

厚生労働省と日本年金機構は平成27年4月以降、違法に社会保険の加入を逃れている中小企業約80万社に対して、強力な指導に乗り出す方針を発表しました。(社会保険とは=政府管掌の健康保険、厚生年金保険のことをいう)この動きにともない、いまだ社会保険に加入していない(=未加入)の事業所はどのような対策をとっていくべきでしょうか?

2

キャリアアップ助成金の「正社員化コース」はとても受給しやすい助成金!

キャリアップ助成金正社員化コース

今もっとも受給しやすい「キャリアアップ助成金:正社員化コース」は平成29年4月の改正により最大で年間1,080万円受給が可能なとなりました!キャリアアップ助成金の「正社員化コース」はとても使いやすくかつ金額の大きな助成金です!労働者の新規雇い入れやアルバイトの正社員転換などを考えている方はキャリアアップ助成金の「正社員化コース」を是非ご利用ください。

0

大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス集団!メリット事例①

税理士社会保険労務士ダブルライセンス

全国でも珍しい、大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス事務所である寺田税理士・社会保険労務士事務所のメリットを事例集にしてまとめました。今回の事例は「開業資金の融資相談で助成金がもらえたケース」です。また当事務所は労働保険事務組合も併設しております。

0

社会保険(健康保険・厚生年金保険)の加入義務や要件とは?

社会保険に加入すべき会社とは?

平成29年以降の社会保険(健康保険・厚生年金保険)の加入義務や要件とは?「会社が社会保険に入る義務があるのか知りたい」「自分が社会保険に加入すべきなのか知りたい」という想いでここにたどり着いたあなたへ。あなたに『このページを読んで、社会保険の加入要件が理解できた。加入義務があるのかないのか整理できた。今後対応すべきことが分かった』と感じてもらえれば幸いである。

0

スタッフ募集!未経験者歓迎!【会計・労務スタッフ】大阪本町、年間休日120日以上の好環境。

スタッフ募集!未経験者歓迎!【会計・労務スタッフ】大阪本町、年間休日120日以上の好環境。

募集の概要

仕事内容

【データ入力などスキルに応じた仕事からスタート】

0

定年引上げで最大120万が受給できる!「65歳超雇用推進助成金」はとても受給しやすい助成金!

65歳超雇用推進助成金

今回はとても受給しやすい助成金の案内です。しかも最大で120万円の受給が可能です。
この助成金は、「65歳超雇用推進助成金」は、「ニッポン一億総活躍プラン」を受け、将来的に継続雇用年齢や定年年齢の引上げを進めていく必要があることから、65歳以降の継続雇用延長や65歳までの定年年齢の引上げを行う会社に対する支援のために新設された助成金です。

0

平成29年 京都府最低賃金は時給額円856へ!25円引き上げ!

京都府最低賃金平成29年

【平成29年9月2日更新】平成29年 京都府最低賃金が25円引き上げで時給額856円になります。適用は平成29年10月1日労働分からです。この改正(引上げ)により、普段から税法上の配偶者控除103万の壁(平成30年からは税制改正で150万に引上げ)や、社会保険上の130万の壁を考慮している世帯にとっては、更に働き方の見直しが必要となります。