0

平成29年から建設業は強制的に社会保険の加入へ!

img458.fw

平成29年(2017年)以降、「建設業」でいまだ社会保険に加入していない事業所は要注意である。
いよいよこの平成29年から、このような社会保険未加入の事業所は強制加入とされる見込みだからである。今未加入事業所に対してどのような措置が取られるのかをまとめた。

0

売上3,000万の建設業の場合、個人事業と法人事業どちらが得か。税金、社会保険料、将来の年金も考慮し試算してみた。

img446.fw

売上3,000万の建設業の場合、個人事業と法人事業どちらが得か。税金、社会保険料、将来の年金も考慮し試算してみた。

0

飲食店、美容・美容業も社会保険強制加入の強化へ!厚生年金加入へ督促強化!

飲食店、美容・美容業も 社会保険強制加入の督促強化へ!

飲食店、美容・美容業も社会保険強制加入の強化へ!厚生年金加入へ督促強化!厚生労働省は、平成29年3月29日「社会保険の適用促進対策について」の中で、厚生年金加入へ督促強化の対象に①飲食店営業、②食品製造業、③理容業・美容業、③社会福祉事業を指定した。

1

社会保険の未加入会社(法人)は強制加入へ!建設業だけでなく飲食店、美容・美容業、社会福祉事業も要注意!

ついに社会保険未加入の会社は強制加入へ"

厚生労働省と日本年金機構は平成27年4月以降、違法に社会保険の加入を逃れている中小企業約80万社に対して、強力な指導に乗り出す方針を発表しました。(社会保険とは=政府管掌の健康保険、厚生年金保険のことをいう)この動きにともない、いまだ社会保険に加入していない(=未加入)の事業所はどのような対策をとっていくべきでしょうか?

0

みんなで進める一人親方の労災保険特別加入の事例集

一人親方の労災保険特別加入

建設業界の皆様へ。一人親方が加入すべき労災保険特別加入について、そもそも「一人親方に該当するかどうか」について事例を挙げてまとめました。 一人親方の働き方が事業者なのか、労働者なのか、事例と自己診断チェックシートを活用して確認してみましょう。

0

労働保険事務組合 労働保険センターNIPRE大阪のホームページをアップしました。

topimg1 facebook

当会は平成26年2月に厚生労働大臣の認可を取得した労働保険事務組合です。このたび、当事務所運営の労働保険センター NIPRE大阪のホームページをアップしました。

0

労災保険の特別加入制度に加入する事業主が増えています。当事務所は労働保険事務組合の認可を取得しました。

bg24

今回は当事務所運営の労働保険センターNIPRE大阪が主に取り扱う“事業主の労災特別加入(事業主様の業務災害の安全保障)”についてご説明したいと思います。
いま「労災の特別加入制度」に加入し,労災保険が適用されるようにする事業主が増えています。