0

大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス集団!メリット事例⑤

税理士社会保険労務士ダブルライセンス

全国でも珍しい、大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス事務所である寺田税理士・社会保険労務士事務所のメリットを事例集にしてまとめました。今回の事例は「社会保険労務士の新規相談から税理士の変更にもなったケース」です。また当事務所は労働保険事務組合も併設しております。

0

平成29年 奈良県最低賃金は時給額円786へ!24円引き上げ!

奈良県最低賃金平成29年

【平成29年9月2日更新】平成29年 奈良県最低賃金が24円引き上げで時給額786円になります。適用は平成29年10月1日労働分からです。この改正(引上げ)により、普段から税法上の配偶者控除103万の壁(平成30年からは税制改正で150万に引上げ)や、社会保険上の130万の壁を考慮している世帯にとっては、更に働き方の見直しが必要となります。

0

平成29年 東京都最低賃金は時給額円958へ!26円引き上げ!

東京都最低賃金平成29年

【平成29年9月2日更新】平成29年 東京都最低賃金が26円引き上げで時給額958円になります。適用は平成29年10月1日労働分からです。この改正(引上げ)により、普段から税法上の配偶者控除103万の壁(平成30年からは税制改正で150万に引上げ)や、社会保険上の130万の壁を考慮している世帯にとっては、更に働き方の見直しが必要となります。

0

大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス集団!メリット事例④

税理士社会保険労務士ダブルライセンス

全国でも珍しい、大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス事務所である寺田税理士・社会保険労務士事務所のメリットを事例集にしてまとめました。今回の事例は「税理士と社労士のダブルライセンス顧問で経営危機を乗り越える事が出来たケース」です。また当事務所は労働保険事務組合も併設しております。

0

大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス集団!メリット事例③

税理士社会保険労務士ダブルライセンス

全国でも珍しい、大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス事務所である寺田税理士・社会保険労務士事務所のメリットを事例集にしてまとめました。今回の事例は「社労士のみ顧問だったIT企業が税理士顧問も追加になったケース」です。また当事務所は労働保険事務組合も併設しております。

0

10月の最低賃金引上げで事前に活用できる2つの助成金!!(節税・労務・助成金ニュース第103号)

節税・労務・助成金ニュース 平成29年8月No103号

「節税・労務・助成金ニュース」第103号公開!

今回のニュースは
1.最低賃金引き上げ前に活用できる2つの助成金!
今年も秋から全国で最低賃金が引上げとなります。そこでその前に賃金引上げ・生産性向上に向けた支援を目的とした助成金があります。是非活用しましょう!

0

配偶者控除が引上げ!平成30年(2018年)150万へ|寺田税理士・社会保険労務士事務所

配偶者控除の引き上げ.fw

今回の配偶者控除改正の概要

1 平成30年より配偶者控除(及び配偶者特別控除)が引き上げとなる
2 ただしこれはあくまで夫(世帯主)の所得税計算の話であり、妻自身の所得税は103万を超えると発生する。

0

役員賞与を支給して経費(損金)にするには?「事前確定届出給与」で知っておくべき7つのポイント

事前確定届出給与

「予想以上の利益が出たから、役員賞与を支給したい」そう思ったことありませんか?役員賞与は経費(損金)として支給できないのでしょうか?今回は役員賞与の支給を経費(損金)にする方法について、可能なかぎりわかりやすくイラストと7つのポイントにまとめて解説します。

0

従業員のキャリア形成を支援して最大120万円!!~キャリア形成支援制度導入コース~(節税・労務・助成金ニュース第101号)

節税・労務・助成金ニュース第101号

前回第100号をむかえた「節税・労務・助成金ニュース」ですが、今月の第101号は1.従業員のキャリア形成を支援して最大120万円!!『キャリア形成支援制度導入コース』こちらは「人材育成」に取り組むために、新たにキャリアを支援する制度を導入する計画を提出し、労働局の認定後、雇用保険加入の人数に応じて対象者に実施した場合に受給できる助成金です。2.いまメリットが多く導入する企業(製造業、飲食店、小売店など)が増えている『勤怠管理システム』についてです。

1

平成29年 大阪府最低賃金は時給額909円へ!26円引き上げ!

大阪府最低賃金平成29年

【平成29年9月1日更新】平成29年 大阪府最低賃金が26円引き上げで時給額909円になります。適用は平成29年9月30日労働分からです。この改正(引上げ)により、普段から税法上の配偶者控除103万の壁(平成30年からは税制改正で150万に引上げ)や、社会保険上の130万の壁を考慮している世帯にとっては、更に働き方の見直しが必要となります。