0

大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス集団!メリット事例⑤

税理士社会保険労務士ダブルライセンス

全国でも珍しい、大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス事務所である寺田税理士・社会保険労務士事務所のメリットを事例集にしてまとめました。今回の事例は「社会保険労務士の新規相談から税理士の変更にもなったケース」です。また当事務所は労働保険事務組合も併設しております。

0

大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス集団!メリット事例④

税理士社会保険労務士ダブルライセンス

全国でも珍しい、大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス事務所である寺田税理士・社会保険労務士事務所のメリットを事例集にしてまとめました。今回の事例は「税理士と社労士のダブルライセンス顧問で経営危機を乗り越える事が出来たケース」です。また当事務所は労働保険事務組合も併設しております。

0

大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス集団!メリット事例③

税理士社会保険労務士ダブルライセンス

全国でも珍しい、大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス事務所である寺田税理士・社会保険労務士事務所のメリットを事例集にしてまとめました。今回の事例は「社労士のみ顧問だったIT企業が税理士顧問も追加になったケース」です。また当事務所は労働保険事務組合も併設しております。

0

大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス集団!メリット事例②

税理士社会保険労務士ダブルライセンス

全国でも珍しい、大阪の税理士と社会保険労務士のダブルライセンス事務所である寺田税理士・社会保険労務士事務所のメリットを事例集にしてまとめました。今回の事例は「毎月の打合せで設備投資と採用の助成金が受給できたケース」です。また当事務所は労働保険事務組合も併設しております。

0

10月の最低賃金引上げで事前に活用できる2つの助成金!!(節税・労務・助成金ニュース第103号)

節税・労務・助成金ニュース 平成29年8月No103号

「節税・労務・助成金ニュース」第103号公開!

今回のニュースは
1.最低賃金引き上げ前に活用できる2つの助成金!
今年も秋から全国で最低賃金が引上げとなります。そこでその前に賃金引上げ・生産性向上に向けた支援を目的とした助成金があります。是非活用しましょう!

0

ハワイへの起業や進出でおさえておくべき6つのポイント|大阪

ハワイへの起業進出

はじめに

「ハワイでビジネスをしたいが、どうしていいのかまったくわからない・・・」
このように悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

0

配偶者控除が150万へ引上げ!!平成30年より(節税・労務・助成金ニュース第102号)

節税・労務・助成金ニュース第102号

配偶者控除が150万へ引上げとなります。適用は平成30年から。ただし社会保険の扶養に関する「130万の壁」があるため注意が必要です。だれでも分かりやすく簡単にまとめています。

0

従業員のキャリア形成を支援して最大120万円!!~キャリア形成支援制度導入コース~(節税・労務・助成金ニュース第101号)

節税・労務・助成金ニュース第101号

前回第100号をむかえた「節税・労務・助成金ニュース」ですが、今月の第101号は1.従業員のキャリア形成を支援して最大120万円!!『キャリア形成支援制度導入コース』こちらは「人材育成」に取り組むために、新たにキャリアを支援する制度を導入する計画を提出し、労働局の認定後、雇用保険加入の人数に応じて対象者に実施した場合に受給できる助成金です。2.いまメリットが多く導入する企業(製造業、飲食店、小売店など)が増えている『勤怠管理システム』についてです。

1

自営業の個人事業主が法人化(会社設立)し社会保険に加入する場合のメリット

img456

自営業の個人事業主が法人化(会社設立)し社会保険に加入する場合のメリットをご紹介します。個人事業主の事業が軌道に乗ってきた際、必ず検討するのが”法人化・会社化”です。事業の年間売上が1,000万を超えると2年後には消費税がかかってくるという事実も影響し、個人事業主にとって”法人化・会社化”はその後の事業にとって重要なターニングポイントになります。近ごろは従業員を雇用することなく、代表者一人若しくは家族だけを役員にして法人化されるケースが大変増えています。ほとんどは「節税につながるから」「営業上有利だから」「融資を受けやすいから」といった理由が多いのですが、当事務所ではもう一点「社会保険に加入できるから」ということで”法人化・会社化”をお勧めしています。

0

平成29年度もらいやすい助成金の一覧(節税・労務・助成金ニュース第100号)

節税・労務・助成金ニュース 平成29年5月No100(29年度助成金)

このたび「労務・助成金ニュース」は、記念すべき第100号を迎えることができました。これもみなさまのあたたかいご支援の賜物と心より感謝申し上げます。そして今回の第100号をもって「節税・労務・助成金ニュース」へ名称を変更します。さらに気持ちを新たにし、第200号に向かって皆様のもとに有益な情報をお送りしていければと考えております。今回のニュースは 1.雇用関係の助成金を受ける要件とは? 2.平成29年度もらいやすい助成金の一覧です。