0

3分で分かる!相続税対策で活用する養子縁組のメリットとデメリット

3分で分かる!相続税対策で活用する養子縁組のメリットとデメリット

「養子縁組」を3分で理解できる内容にしてみた

相続税対策の「養子縁組」のメリットとデメリットを3分で理解できる内容にしてみた

0

配偶者控除が150万へ引上げ!!平成30年より(節税・労務・助成金ニュース第102号)

節税・労務・助成金ニュース第102号

配偶者控除が150万へ引上げとなります。適用は平成30年から。ただし社会保険の扶養に関する「130万の壁」があるため注意が必要です。だれでも分かりやすく簡単にまとめています。

0

年金の受給資格10年に短縮!受給のための4つのポイント

年金受給資格期間

今からでも受給できる!金額を増やすこともできる!

これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要でした。

0

従業員のキャリア形成を支援して最大120万円!!~キャリア形成支援制度導入コース~(節税・労務・助成金ニュース第101号)

節税・労務・助成金ニュース第101号

前回第100号をむかえた「節税・労務・助成金ニュース」ですが、今月の第101号は1.従業員のキャリア形成を支援して最大120万円!!『キャリア形成支援制度導入コース』こちらは「人材育成」に取り組むために、新たにキャリアを支援する制度を導入する計画を提出し、労働局の認定後、雇用保険加入の人数に応じて対象者に実施した場合に受給できる助成金です。2.いまメリットが多く導入する企業(製造業、飲食店、小売店など)が増えている『勤怠管理システム』についてです。

2

相続税や所得税の節税対策で活用する資産管理会社(資産管理法人)のメリットとデメリット

資産管理会社

不動産投資や金融資産投資、また所得税対策や相続税対策を考えている人にとって、必ずと言っていいほど一度は耳にする「資産管理会社(=または資産管理法人)」。今回はこの「資産管理会社」をうまく活用した事業の法人化のお話です。所得税と相続税対策を目的とした「資産管理会社(=または資産管理法人)」のメリットとデメリットをまとめました。

0

平成29年 大阪府最低賃金は時給額909円へ!26円引き上げ!

大阪府最低賃金平成29年

平成29年 大阪府最低賃金が26円引き上げで時給額909円になります。施行は29年10月からになる見込みです。この改正(引上げ)により、普段から税法上の配偶者控除103万の壁(平成30年からは税制改正で150万に引上げ)や、社会保険上の130万の壁を考慮している世帯にとっては、更に働き方の見直しが必要となります。

0

平成29年から建設業は強制的に社会保険の加入へ!

img458.fw

平成29年(2017年)以降、「建設業」でいまだ社会保険に加入していない事業所は要注意である。
いよいよこの平成29年から、このような社会保険未加入の事業所は強制加入とされる見込みだからである。今未加入事業所に対してどのような措置が取られるのかをまとめた。

0

売上3,000万の建設業の場合、個人事業と法人事業どちらが得か。税金、社会保険料、将来の年金も考慮し試算してみた。

img446.fw

売上3,000万の建設業の場合、個人事業と法人事業どちらが得か。税金、社会保険料、将来の年金も考慮し試算してみた。

0

国税のクレジットカード納付とは?そのメリットとデメリット

国税のクレジットカード納付

平成29年1月4日より、国税のクレジットカード納付が始まりました。クレジットカード納付とは、インターネット上でクレジットカード機能を利用し、国税庁長官が指定した納付受託者へ、国税の納付の立て替え支払を委託することです。その概要とメリット・デメリットをまとめました。

1

社会保険の未加入会社(法人)は強制加入へ!建設業だけでなく飲食店、美容・美容業、社会福祉事業も要注意!

ついに社会保険未加入の会社は強制加入へ"

厚生労働省と日本年金機構は平成27年4月以降、違法に社会保険の加入を逃れている中小企業約80万社に対して、強力な指導に乗り出す方針を発表しました。(社会保険とは=政府管掌の健康保険、厚生年金保険のことをいう)この動きにともない、いまだ社会保険に加入していない(=未加入)の事業所はどのような対策をとっていくべきでしょうか?