0

社長や自営業の個人事業主でも労災保険を使えるって本当?労災保険特別加入制度まとめ

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

img447.fw

社長や個人事業主でも労災保険特別加入制度は加入すべき必須の保険

労災保険の特別加入制度で社長や個人事業主も労災保険に加入すべき

topimg1

労災保険が使えないことの恐ろしさ

img125

まずはじめに、社員や従業員が仕事中にケガをしたとき、会社や個人事業主が加入している労災保険が適用されて無料で治療を受けることができます。これはほどんどの皆さんが知っていることです。
しかし、もし社長自身や個人事業主自身が仕事中にケガをした場合は、この労災保険を使うことは出来ません。したがってその治療費はすべて自分で負担することとなります。

社長や個人事業主の労災事故は、健康保険も適用対象外

知られざる恐ろしい事実
「健康保険は仕事上の事故(労災)を治療の対象としていない。したがって社長や個人事業主が労災事故にあっても健康保険さえも使えない」

bg34


前述したように、社長や個人事業主が労災事故にあっても労災保険は適用されません。しかし更に恐ろしいことは、この場合は健康保険さえも適用されないということです。健康保険は、プライベートでの事故や病気を保険の適用範囲としており、労災事故を保険の対象としていないからです。したがって社長や自営業の個人事業主は、労災事故を起こしても、労災保険も健康保険も適用されないことなるのです。小さな労災事故なら自費で治療出来ても、大きな事故だと治療期間も長くなり自費ではまかなえません。考えただけでも恐ろしいことです。

bg41

社長や中小事業主も労災保険に加入すべき

そのような思いをしないために、社長や個人事業主には「労災保険の特別加入」をおすすめします。
社長の労災保険の特別加入は社長や個人事業主にとって必須です。

車で例えるなら最低必須の自賠責保険と同じ

労災保険は自動車の「自賠責保険」と同じ
最低の保障として労災保険の特別加入は必須

img127

労災保険特別加入制度は、自動車の保険で例えるならば、必須加入の自賠責保険と同じです。
したがって、この制度に加入していない社長や自営業の個人事業主は、自賠責保険に入らずに(=労災保険特別加入制度に加入せずに)、自動車の運転をしている(=仕事をしている)ということと同じです。労災保険特別加入はあなたの会社、あなたの家族、あなたの会社の社員を守る保険制度なのです。

保険料はどの保険よりも安い

労災保険特別加入は国の制度のため保険料はどの保険よりも安い

bg8

この制度は社員が加入している国の労災保険に社長や個人事業主も加わる形で入るものです。したがって保険料は社員と同じ料率を使います。
民間のどの保険と比べても、非常に安い保険料で済みます。

労働保険事務組合NIPRE大阪公式ページボタン

労災保険特別加入制度とは

bg7

本来、労災保険は「労働者」の業務上及び通勤途上の災害について補償する保険です。したがって社長や個人事業主は労働者にあたらないため、労災保険を利用することができません。しかし、労災保険の特別加入制度を利用することによって、労災保険の適用を受けることができます。

特別加入できる者の範囲

bg37

労災保険の特別加入制度に加入できる者は、第1種から第3種に該当する者

  1. 中小事業主(社長、個人事業主)とその事業に従事する人(=第1種特別加入者)
  2. 一人親方その他自営業者とその事業に従事する人(=第2種特別加入者)
  3. 海外派遣者(=第3種特別加入者)

特別加入の手続き

bg39

労災保険特別加入制度は、労働保険事務組合に手続きを依頼することで加入できる

労災保険の特別加入を利用する場合、労働保険事務の処理を労働保険事務組合に委託することが必要になります。当事務所は労働保険事務組合として「労働保険センターNIPRE大阪」を運営しております。加入に関する詳しい問い合わせは当事務組合へ直接問い合わせください。
詳しくはコチラ↓↓↓↓

労働保険センターNIPRE大阪では、大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県を中心に労働保険事務組合として、事業主が行う労働保険の事務処理に関するサポートや中小事業主の労災特別加入などを中心に中小企業主様をサポートしております。詳しくはコチラ↓↓↓

労働保険事務組合NIPRE大阪

労働保険事務組合NIPRE大阪公式ページボタン

保険料の計算方法

通常の社員の場合、労災保険料は賃金総額に労災保険料率を乗じて求めます。
しかし、社長や中小事業主が労災特別加入をした場合、賃金というものがないので「給付基礎日額」を基礎として保険料を算定することになります。(法人の場合、社長は役員報酬というものがありますが保険料算定では使用しません)

給付基礎日額とは

bg33

給付基礎日額とは、労災保険の給付額を計算する基礎となるものです。特別加入者の 所得水準に見合った適正な額を申請して、労働局長に承認された額が給付基礎日額となります。

保険料の具体的な計算方法は

img129

保険料は、給付基礎日額に365を乗じ、それぞれの業種別に国が定めた保険料率を乗じたものになります。

労働保険センターNIPRE大阪に併設する寺田税理士・社会保険労務士事務所は「税理士」資格及び「社会保険労務士」資格を有しています。
従って、「労災保険の特別加入」だけではなく、確定申告、相続、節税、助成金、就業規則、社会保険料削減などの相談については寺田税理士・社会保険労務士事務所がご提案致します。

寺田税理士・社会保険労務士事務所

寺田税理士・社会保険労務士事務所では、労災保険の特別加入について「税・社会保険・助成金それぞれの専門家」という立場から総合的にフォロー致します。
今後、社長や個人事業主が労災保険の特別加入制度を利用する場合、どのような事前準備が必要か、現状どのような課題や問題があるのか、などを総合的に検証しお客様に提案致します。

顧問料は助成金でお返しします

顧問料は助成金でお返しします

大阪の節税や助成金に強い大阪節税・助成金センター 寺田税理士・社会保険労務士事務所。ダブルライセンスによる節税対策・税務調査対策・助成金申請・給与計算代行・社会保険代行・未払残業代対策・会社設立・相続など強力サポート。詳しくはコチラ↓↓↓

寺田税理士・社会保険労務士事務所

寺田税理士・社会保険労務士事務所公式ページボタン

労働保険センターNIPRE大阪では、大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県を中心に労働保険事務組合として、事業主が行う労働保険の事務処理に関するサポートや中小事業主の労災特別加入などを中心に中小企業主様をサポートしております。詳しくはコチラ↓↓↓

労働保険事務組合NIPRE大阪

労働保険事務組合NIPRE大阪公式ページボタン

(Visited 48,549 times, 97 visits today)
Pocket
LINEで送る

shinya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です